煙突工事は首都移転の是非の議論にかけられてから行われる予定

Posted by admin_urbanwords on 2月 02, 2017
首都移転レポート

煙突工事は、建物の機能性を維持するために必要なものです。
同時に、高さから来る景観への影響や、周囲への煙害なども考慮しなければなりません。
そこで考慮するべきなのが、首都移転問題です。
かねてより日本は、東京にあらゆる機能が集中しているということが取り沙汰されてきました。
これでは直下型地震が起きた場合、壊滅的な被害を受けてしまいます。
そこで、識者を中心に移転の是非が議論されているのです。
新たな首都には景観条例が施行される可能性もありますし、人の移動も甚だしくなります。
そうすれば、煙突工事が阻害される可能性も、十分に考えられるのです。
このため、首都移転の推移を見極めてから、実行に移すことが賢明な判断といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です